節約

我が家の貯蓄率について

くろマル
くろマル
我が家の貯蓄率っていくらぐらいなのかな?
そーちゃん
そーちゃん
実際に計算してみてはいかがですか。

自分の家の貯蓄率ってわかっているようでわからないですよね?

今回の記事では僕の家庭を元に貯蓄率を計算したいと思います。

今回の記事の内容

■貯蓄率とは?

■早期リタイアにかかる費用は?

■我が家の貯蓄率

今回は「FIRE(ファイヤー)」を目指す上で必ず必要な貯金率についてお話ししたいと思います。

ちなみに「FIRE」は「Financial Independence and Retire Early」の略で「経済的自由かつ早期リタイア」を意味します。

くろマル
くろマル
早期リタイアって憧れるよね!

我が家では積極的に節約し投資に回していましたが、最終的な目標は決まっていません。

以前に「FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド」を読んで最終目標を「早期リタイア」することに決めました。

そのためにまずは自分の家計の貯蓄率を把握し、どれぐらい資産があれば「早期リタイア」できるのか知らなければいけません。

それでは貯蓄率について学んでいきましょう。

貯蓄率とは?

「貯蓄率」とは自分が得た収入のうち貯金に回している割合

これまで我が家の家計簿は妻が熱心につけていましたが、「貯蓄率」まで気にしていませんでした。

それもそのはずです。

目標がなければ「貯蓄率」なんて気にせず「毎月の貯金額」さえわかればいいのです。

しかし、「早期リタイア」を目指すのであれば「貯蓄率」を把握しなければいけません。

貯蓄率の計算方法

計算方法は至ってシンプルです。

貯蓄額÷収入×100=あなたの貯蓄率

独身であれば容易に収入も支出も把握できると思いますが、夫婦であればそうはいきません。

我が家では「貯蓄率」を確認するため以下の内容について話し合いました。

  • 給料の手取り額
  • お小遣いの使い道
  • 日常の支出
  • 保険の有無
  • 借金の有無

これまで曖昧にしてきましたが「貯蓄率」を把握するには避けては通れません。

日常の支出についてはキャッシュレスにすることによって後から明細で把握しています。

借金についてはお互い奨学金があるのみで一安心。

保険については…

くろマル
くろマル
妻がめっちゃ入っていました‥

気をつけて取り直して我が家の貯蓄率をみていきましょう。

我が家の貯蓄率

我が家の貯蓄率は「34,7%」です。

「貯蓄=預貯金」だと思いがちですが、預貯金以外に株式や投資信託といった有価証券に加え積立型生命保険や満期時に満期返戻金が支払われる積立型の損害保険も含まれます。

そーちゃん
そーちゃん
積立型の保険も貯蓄率に含まれます。

9月の夫婦の手取りは「598,713円」でした。

そのうち「207,753円」が貯金・投資信託・保険になります。

夫婦でかなり家計の見直しをしてきましたが、それでも40%には届きません。

そーちゃん
そーちゃん
世の中には70%を超える家庭もあるんです。
くろマル
くろマル
怪物過ぎる‥

貯蓄率からみた「早期リタイア」までの年数

このグラフはクリスティーシェンとブライス・リャン夫婦の著者「FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド」から引用させていただいています。

「貯蓄率」を基準に我が家が「早期リタイア」までどれくらいの時間が必要なのか調べてみました。

このグラフでは横軸が「貯蓄率」となっており、縦軸はリタイアまでの年数となっています。

興味深いことにグラフの中には現在の貯金はありませんし、収入もないのです。

つまりは「早期リタイア」には貯金も収入も関係ないのです。

仮に貯金が0円でも明日から収入の「7割」を貯金に回せば、およそ10年で「早期リタイア」することができます。

ちなみに我が家の現状をグラフから見ると「貯蓄率35%」「投資リターン4%」とすればおおよそ30年後に「早期リタイア」することができます。

くろマル
くろマル
それは普通の退職‥

貯蓄率を上げる方法

2020年7月に家計簿を見直しました。

これまでSNSやネットを参考にして「貯蓄率」を上げてきましたが、その第一歩として大事なことは収入と支出の把握です。

どんぶり勘定ではいけません。

できることなら1円単位まで把握し、お金の流れを掴みましょう。

そこから固定費に着目して見直すのです。

僕の家ではこれ以上、固定費を削減しようとすれば喧嘩になりますので、収入を上げるか、日常の支出を見直して「貯蓄率50%超え」を目指したいです。

参考に家計簿の見直ししたときの記事になります。

【節約】家計簿の見直しについて こんな悩みを解決します。 7月からスプレッドシートをつけ始めて以来、我が家では変化がありました。 もっと支出...

資産から考える「早期リタイア」について

具体的に「早期リタイア」をするにはどれくらいの資産が必要なのでしょうか。

目安の資産は「年間支出の25倍の資産」と言われています。

くろマル
くろマル
なんで「年間支出の25倍の資産」なんだろ?

目安は年間支出の25倍の金額

アメリカで一大ムーブメントになった「FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド」では「4%ルール」が注目されています。

「4%ルール」とは、年間支出の25倍の資産を築けば、年利4%の運用益で生活費をまかなえるという考え方

僕の家庭では月当たりの支出が「390,960円」になります。

年当たり支出:390,960×12=4,691,520円になります。

これを「4%ルール」に当てはめると25倍して…117,288,000円

くろマル
くろマル
1億2000万ですか…

我が家の「早期リタイア」までの道のりは長そうです。

なぜ早期リタイアを目指すのか?

小さい頃に働いても働いてもお金に困っている両親を見ていて違和感がありました。

くろマル
くろマル
一生懸命働いてるのに裕福ではなかったんだよね…

人生の時間は限られおり「お金を稼ぐためだけの仕事」に従事することはもったいないし、そもそもなぜ働かなければいけないのかにも疑問を抱いていました。

僕自身もいい大学を出ていい会社に勤めることができればタワーマンションに住んだり、いい車に乗ったり、お金には困らないだろうと思っていましたが、現実は違います。

今の生活の延長にそんな未来はありません。

どこまで歩いても自分の両親と同じ道を歩いているような気がしたのです。

せめて「時間」だけは確保したいと思い「早期リタイア」を意識するようになりました。

くろマル
くろマル
そのためにまずは意識を変えないとね!!

早期リタイアを目指して変わったこと

 

  1. 節約を楽しむようになった。
  2. お金を増やす仕組みが理解できた。
  3. 給料以外の収入に興味を持つようになった。

今では妻と生活のレベルを落とさずに工夫して生活費を下げることにハマっています。

妻も副業といえば大げさですが、楽天で安く仕入れたものメルカリで転売したり、楽天ROOMを使って買った商品を楽しそうに紹介しています。

僕も高配当の株を買ったりして、給料以外の収入を上げることに楽しんでいます。

興味を持ち調べて知識を身に付けながらお金を稼ぐことは、自分の視野広げてくれました。

メルカリで妻の商品が売れるたびに我が家ではハイタッチをしています。

「早期リタイア」に興味を持たなかったら「調べる努力」もしなかったでしょう。

最終的に「早期リタイア」までたどり着くかはわかりませんが、これからも仲良く続けていく予定です。

そーちゃん
そーちゃん
パパ達がんばってね!

まとめ

SNSをたまたま見ていて目標に掲げた「早期リタイア」。

それを実現するため節約したりブログ書いたり転売したり株に興味を持ったり家計簿を見直したりと大忙しです。

代わりに無駄遣いが減りましたし、夫婦で共通の目標も持つことに「お金」について真剣に話すようになりました。

妻が浪費家ではなく倹約家な女性で本当に感謝しています。

これからも夫婦で楽しく節約&投資生活を続けたいと思います。

そーちゃん
そーちゃん
最後まで読んでいただきありがとうございます。