節約

【節約】家計簿の見直しについて

くろマル
くろマル
もっとお金を貯めることはできないかなー
そーちゃん
そーちゃん
そんなときは基本に戻って家計簿を見てはいかがですか?

こんな悩みを解決します。

7月からスプレッドシートをつけ始めて以来、我が家では変化がありました。

もっと支出を減らして、無駄を削減したいと夫婦で思うようになったのです。

くろマル
くろマル
妻の協力を得られるようになってきたんだよ!!

■我が家の目標

支出を見直すことにより貯金率をあげ、節約したお金を投資に回すこと

目標に向かって順調に進んでいます。

では、何がどのように変わったのか見ていきましょう。

貯める力の大切さ

「貯める力」とは文字通りお金を貯める力です。

このブログで参考にさせていただいているリベラルアーツ大学の両学長のイラストがわかりやすいので掲載させていただきます。

イラストを見てわかる通りどれほど収入があろうとも税金・浪費・消費があればお金は手元に残ることなく、すり抜けていきます。

そのためにまずは「自分の支出を知ること」つまりは「家計の見える化」をしなければいけません。

そのために我が家ではスプレッドシートを作成しました。

これまでに幾度となく無駄の削減に取り組んできましたが、「見える化」をすることによりいっそう鮮明になりました。

お金はあくまでも自分の生活を豊かにするために使うものであって、生活のランクを落として貯め込むものではありません。

そのため「本当に必要なもの」を精査し不必要なものは排除しなければいけないのです。

そして上のイラストにもあるように投資にお金を回し、お金がプールできるように穴を塞ぐのです。

貯金をするために工夫したこと

これまで僕がお金を守るためにしてきたこと

  1. スマホのキャリアを格安SIMに乗り換え
  2. ふるさと納税
  3. 積立NISA
  4. iDeCo
  5. 楽天経済圏への移行
  6. 飲み会に不参加

今後、取り組んでいくことは

  • 給料からの天引きの見直し
  • 高額な生命保険の解約
  • ポケットWiFiの見直し
そーちゃん
そーちゃん
これでさらにお金が貯まりますね。

給料からの天引きの見直し

これまで僕は入社してから月々25,000円ほど給料から天引きし、ボーナスのときも僅かですが貯金に回していました。

おかげさまで十数年たつと生活防衛費としては十分に貯まっています。

これ以上、現金で持つよりは積立NISAや高配当の株に回すほうがいいのでは?と思い貯金から投資にシフトしたのです。

家のお財布を妻と共有にしているので、投資では優先的に妻の積立NISAに厚みをもたす予定です。

高額な生命保険の解約

これまで我が家ではドル建の生命保険と医療保険に入っており、僕だけで月々18,000円ほどの出費がありました。

本当に自分の家庭に必要か精査したところ…これは高すぎると思い乗り換えることを決意したのです。

現在、掛け捨ての生命保険を申し込み中でその後、今の保険を解約する予定です。

次に入る掛け捨ての生命保険は月々3,000円程度の支払いになります。

これで月々15,000円近くは節約できます。

保険は自分の家庭に何が必要か理解すれば公的医療保険や高額医療費制度でこと足りますので過度に恐れることはありません。

知っているか知っていないかで、自分のお金を守ることができるのです。

くろマル
くろマル
解約するの勇気がいるからね!!

ポケットWiFiの見直し

そして最後にポケットWiFiの見直しです。

くろマル
くろマル
意外と忘れがちなんだよね!

2年前にGMOさんと契約して更新時期となりましたので、更新月の間に今よりも安いプロバイダーに乗り換えました。

前回お世話になっていたGMOさんは月々4,690円かかっていましたが、当時は破格のキャッシュバックキャンペーンをしていたので乗り換えました。

これ以上の継続はメリットがありませんのでBroadWiMAXさんに乗り換えです。

乗り換えることにより月々2,000円近く節約です。

本当は楽天ひかりにしたかったのですが、車内でもアニメやYuTubeを息子がみるのでポケットWiFiにしています。

貯めたお金の使い道

今回の見直しで節約できたお金の合計はと言いますと…

給料からの天引き 25,000円

高額な生命保険の解約 15,000円

ポケットWiFiの見直し 2,000円

 合計42,000円

そーちゃん
そーちゃん
給料からの天引きは積立NISAへの使い道の変更ですね。

節約したお金の使い道はというと投資に回す予定です。

我が家の投資信託の事情

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 15,000円
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 3,000円
  • iDeCo(楽天全米株式バンガード楽天DC)12,000円

合計30,000円

くろマル
くろマル
ちょっと物足りないな…

我が家は現金貯金の比率が高いためもう少し金融資産の比率を増やしたいところ…。

こうなる予定

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 15,000円
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 33,000円
  • ウィズダムツリー米国債券ファンド 12,000円
  • iDeCo(楽天全米株式バンガード楽天DC)12,000円

合計72,000円

あと少しで奨学金(学生ローン)の支払いが終わるので金融資産の比率をさらに上げれそうです。

債券をポートフォリオに組み込むのは今後の見通しを考えた上でこのまま米国株が上がり続けるわけでもないので、安全資産として入れる予定です。

他に配当金目当てでHDVやSPYDなどを保有しています。

家のお金を使う以上、現金貯金の金額は変えずに無駄を省いて投資に回すことで妻の理解を得やすくしているのです。

今回、節約の金額や金融資産への投資額を数字に表してみて、行き過ぎているのか、保守的になっているのかがよくわかりました。

今後も妻と相談して金融資産の比率を上げてお金の心配をしない生活に近づきたいものです。

そーちゃん
そーちゃん
節約して投資すれば一石二鳥なんだね。

まとめ

節約することで余裕資金がいくらなのか把握でき今後の予定も立てやすくなりました。

目標に向けて妻と話し合うことはとても有意義な時間です。

今後は節約によってできたお金の運用状況などをまとめてブログに掲載していく予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。