おすすめ書籍

【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資(奥野一成)

「投資」を知らなければ

あなたは一生

「奴隷」のままだ。

奥野一成

衝撃な言葉からこの本は始まります。

くろマル
くろマル
あれ?もしかして僕は奴隷かな!?大丈夫かな‥
そーちゃん
そーちゃん
そんなことはありません!勉強してないだけですよ!

本記事では投資って怖いなとか苦手だなって人に少しでも投資を知るきっかけになればと思い紹介します。

僕自身もこの本を読むまでは投資って怖いなとか損するものと思っていましたが、投資家の思想を持つことが人生を豊かにするきっかけになると学びました。

日本人はよく投資が苦手と言われますが、その理由もこの本でしっかりと理解することができます。

一緒に読み進めていきましょう。

著者の奥野一成さんについて

【奥野一成さんの経歴】

■京都大学法学部卒業
■日本長期信用銀行に入行
■長銀証券
■UBS証券を経て2003年に農林中央金庫入庫

その後、現職である農林中金バリューインベストメンツ株式会社常務取締役兼最高投資責任者(CIO)へ。

くろマル
くろマル
ただの超エリートですやん!!
そーちゃん
そーちゃん
パパとは違うね!

こんなエリートな筆者が自分の経験を踏まえ、日本の投資文化がいかに成熟しなかったか、今後、日本に必要なことは「投資家の思想」であることを謳っています。

近年ではSNS、書籍、ブログなどで日本人の金融リテラシーの低さについて警鐘を鳴らしてるのをよく見ます。

この本を読めば何故低いのか⁉︎ということが簡潔に書かれており、もやもやがはれました。

投資家の思想が人生を成功に導く

 

出典:Designed by pch.vector / Freepik

現在の日本では少しずつ、確実に貧しくなっています。

このままでは子供の世代はおろか僕達の世代においても昭和の遺産を食い潰し、ますます貧困の道へと進んでいくことでしょう。

僕達の親の世代では「投資家の思想」を持っている人はごく一部で、ほとんどの人は「労働者の思想」しか持ち合わせていません。

これから先細りしていく日本の中で、貧しくならないように「労働者の思想」を捨て、「資本家のマインド」を持たねばならないのです。

僕の周りでも最近、投資を始める人が増えています。

このまま「働くだけ」ではいけないだと肌で感じるようになってきたからです。

「労働者1.0」とは

■親が働けっていうから働いた
■将来が不安だから出来るだけ大きな会社に入りたい
■学校を卒業したのにフラフラしていたら世間体が悪い

こんな感じで何にも考えずに日々の生活に従事する人を「労働1.0」と評します。

赤提灯の居酒屋で上司の愚痴ばかりを言ってる先輩、同僚、友人を目にしますよね⁉︎

くろマル
くろマル
あー胸が痛いです…

「労働者1.0の人」というのはいわゆる自分で考えない「怠け者」の人です。

会社に入りたての頃、僕も時間とお金が浪費し不毛な飲み会によく参加してました。

それと対極にあるのが「資本家」です。

資本家は、自分で課題を見つけ、変革する力を持ち、物事を構想する力に加えて、広く世界を知ろうとする意欲に溢れてます。

筆者は一足飛びに「資本家」を目指せと言わず、まずは「労働者2.0」を目指せと言います。

「労働者2.0」とは

労働者1.0は「他人に働かされている」というマインドを持ち、労働者2.0は「自分が働いている」というマインドを持っている人になります。

「自分が持ち合わせている才能や能力を誰かに売ってやろう」というマインドを持つことによって自分の視野を広げていき会社に依存しない生き方ができ、その先に資本家への道が見えてくるのです。

人生100年時代の航海を生きぬくためには株式投資が必要

昔と違い僕らの時代は平均寿命が80歳を超え、人生100年時代に突入しています。

僕達はいった何歳まで働かなければいけないのでしょうか。

安心して老後を過ごすためにはこれまでのような生き方では苦しいのが目に見えています。

いい大学をでて、いい会社に入り一生懸命働けば将来は安泰言われていましたが、それすらも危うい時代です。

くろマル
くろマル
小さい頃からの苦労は報われない時代なんですね…

他の一手を考えねばならず、それが投資となるわけです。

必要以上の現金を預金として置いといてもこの超低金利時代では利益を生みません。この生活必需品以外の余剰資金を持って投資を行うのです。

自分自身で働くよりも自分よりも稼いでくれる企業にお金の一部を投じることを「投資」といいます。

時間を味方につける

投資をするうえで大事なことはまずは「時間」というリソースには限りがあるということを理解することです。

「自分が働く」にしても「自分以外が働く」にしても、時間こそがその効果を増幅してくれる変数になります。

株式に投資してもその企業からリターンを得るにしても、「短期間で」効果を得ることは投機になりギャンブルですが、時間を味方につければ利益は雪だるま式に増大していきます。

これが複利効果と言われます。

退職まじかの人が「複利」の効果に気づいてももはや手遅れであり、若いからこそ時間のリソースは有効に効果を発揮します。

だからこそ僕たちは若いうちから正しい投資の知識を学び、時間を味方につけて投資しなければいけません。

「労働者1.0」と「労働者2.0」の働き方では将来、大きく資産に差ができるのです。

「有能の境界線」を意識しよう

筆者は投資するにあたり、時間の配分についても詳しく教えてくれます。

「Circle of Competence(有能の境界線)」を理解しよう。

【Circle of Competence(有能の境界線)】

  1. 自分の将来の出来事
  2. 他人/自分以外の将来の出来事
  3. 自分の過去の出来事
  4. 他人/自分以外の過去の出来事

僕達が生きていくうえでコントロールできないことがたくさんあります。②③④のように他人が主体となっていることや、自分の過去の出来事はこちらで考えてもどうしようもありません。

しかし、「自分の将来の出来事」については自らの才能・時間・お金という自分の資源を集中投下することができます。

投資についても同様なことが言えます。

僕達が投資するときに判断することは「有能の境界」の中でのこと。言い換えれば企業も同じように将来を見据えて投資しなければいけません。

他の投資家達の売買に一長一短で神経を尖らせること自体意味がないことなのです。

そーちゃん
そーちゃん
時間は有限だから他人と比べてる暇があるなら自分の未来に今を投資しろって意味ですね。

まずは自己投資をすること。「自分が働く」という最も着実な土台を整えたうえで余ったお金を自分より優秀な人、自分の勤め先よりも優秀な企業に投資し、稼いでもらいましょう。

この2つの投資は相乗効果をもって、自らの能力を増大させると同時に、他の企業を選ぶ能力も増大させます。

日本人はなぜ投資が苦手なのか

出典:Designed by Freepik 

日本人は投資が苦手とよく言われますが、そうではありません。

資本主義の歴史を紐解けば日本にも「資本家のマインド」が定着しつつある時代がありました。

しかし、定着することはなかったのです。

どんどん貧しくなる日本

日本は24年前のバブル経済が崩壊して以降、今日までで個人の金融資産1182兆円から1864兆円と1.57倍になっています。

日本とは対照的に米国ではこの間2343兆円が9855兆円となっており実に4.2倍となり1年間に13.3%の伸びとなっています。

この違いは⁉︎

くろマル
くろマル
米国は投資にお金を回して、日本は貯金した結果がこれか…

2019年日米家計金融資産構成比較比率を見てみよう。

まずは日本

出典:日本銀行「資金循環の日米比較」

現金・預金の割合が53%であり株式・出資金と投資信託の割合が合わせても14%しかありません。

次に米国

出典:日本銀行「資金循環の日米比較」

日本と違い現金・預金の割合は全体の13%で株式・出資金と投資信託を合わせる実に46%が投資に回されています。

この違いが24年の間に株価上昇によって個人の金融資産の総額に多大な影響を及ぼしました。

アメリカを代表する指数であるS&P500この間に11倍以上になり、対して日本を代表する指数であるTOPIXは3割ほど下回ってます。

米国の場合、株式や投資信託の保有率が高いわけではなく、米国企業の成長に即して株価が着実に値上がりしています。

今でもこのような状況なのに数年後、団塊の世代が後期高齢者なるころはもっと悲観する状況に陥ってると著者は予想されています。

このまま貧しくなることだけを静観するのではなく、それを解決するために僕たちは時間を味方につけて投資を始めるべきなのです。

日本人はなぜ投資をしないのか⁉︎

日本の風土では投資に対して「なんとなく悪いもの」「楽してお金を稼ぐもの」とある種の偏見なようなものがあります。

僕の家族も例外なくこのような偏見があり、労働による対価を美徳と考え、せっせと貯金ばかりしており一向に裕福になりませんでした。

しかし、日本人の間に投資を嫌悪するメンタリティが広かったのはそんな昔のことではないとのことです。

日本の資本主義の歴史を紐解けば、その考え方が入ってきたのは明治時代になります。

この頃の資本家として有名なのが、500以上の株式会社を設立させた「渋沢栄一」や三菱グループの創業者である「岩崎弥太郎」です。

そーちゃん
そーちゃん
「渋谷栄一」は次の一万円札ですね。一万円札になるひとは偉大な方ばかりなんですよ!

【この頃に作られた財閥】

■三菱財閥
■三井財閥
■住友財閥
■安田財閥
■大倉財閥
■渋沢財閥

日本の富豪が財閥を形成して群雄割拠していた時代です。

「日本人はリスクを取るのが苦手」

というのは大ウソで、明治の幕開けとともに欧米から入って資本家マインドが根付いていったのです。

しかし、日本には投資家マインドは一部を除いて定着しませんでした。

その背景には日本が経験した第二次世界大戦における敗戦があったと著者は考えます。

敗戦によって次の世代に引き継がれる資本家マインドが定着する機会を失ったのです。

■財閥の解体
■焦土と化した日本では全ての国民が労働者

僕は日本には他国のように世界を代表するような財閥がないのか疑問に感じていました。

先の大戦の敗戦によって次の世代に引き継がれる資本家マインドが定着する機会を失ったと聞くと納得です。

くろマル
くろマル
戦争で敗戦していなかったら世界的に有名な資本家も日本から生まれていたかもしれないな。

資本家マインドを持っていた。にもかかわらず、敗戦によって継承することができなかったのが本当の姿なのかもしれません。

資本家になることは日本人としての責務

「投資家」「資本家」という言葉を持ち出すと大概自分には関係ない話と思うかもしれませんが、これは身近な問題です。

日本には2019年9月末時点の個人金融資産の総額が1864兆円あり、そのうち現預金が986兆円になり個人金融資産全体に占める比率は53%です。

これだけのお金が金利を生み出さずに銀行の預金に眠っているのです。

世界的にみてまだまだお金持ちの国である日本は資本家として、世の中を少しでも良い方向に進める責務があります。

投資を忌み嫌うことはやめ、資本主義の根本原理としての投資を理解し、先進国の国民としての義務を果たさなければいけません。

僕たちはいつまでも「労働者1.0」のような働き方をしているわけにはいかず、資本主義の仕組みを理解し投資を行使して、少しでも世界が豊かになる方向に引っ張っていかねばなりません。

本を読み終えて…

出典:Designed by Freepik

僕たちの両親の世代にはギャンブルとしての投資(投機)はありましたが、教育としての投資はありませんでした。

僕の両親はお金を使うのではなく、お金に使われていた思います。

贅沢品を好み、一軒家にローンを借りて住み、新車に乗っては見栄ばかりはっていました。

逆に祖父母は戦後のモノがない日本を経験しているせいか、貯金至上主義で我慢することを美徳して考えていました。

よく言えば慎ましく生きていたと思います。

どちらにも共通していたことは「貧しい」ということです。

くろマル
くろマル
お金を貯めてるのに生活は豊かにならなかったな…

前時代のような「労働者1.0」の働き方ではこれからの僕達は先細りして貧しくなる未来が見えています。

それでも多くの日本人は投資をすることはないのです。

仮に投資の世界に身を乗り出しても甘い誘惑にそそのかされて投機をしたり詐欺にあったりするでしょう。

そして投資は危ないものと思い「労働者1.0」の働き方の枠から外にでれなくなるです。

今の時代では投資に対する正しい情報を書籍やSNSを通じて手に入れやすい時代になっています。

簡単に儲かる投資はありません。

自分で手に入れた情報を精査し、正しい投資を行えば、著者がいう「労働者2.0」の働き方に近づきます。

その中には資本家まで辿りつく人もいるはずです。

両親が正しい投資をすることで、子に投資について教育することができるようになり、断ち切られた日本の資本家マインドをいつの日か取り戻すことができるかもしれません。

僕達の祖父母と両親は資本家が育つ土壌を作ってくれました。

発展途上国から先進国へと押し上げ、僕らの世代では「労働者2.0」となり種をまき、子供達の世代ではきっと花が咲くことを信じています。

日本が貧しい国にならないためにも。

最後に…

「ビジネスエリートになるための教養としての投資」では「労働者2.0」に必要なマインドの他に具体的にどのような企業に投資すればいいか書籍の中で述べられています。

著者が投資企業を事業環境、競争優位性から事業の経済性を分析してくれていますので、あなたの投資の手助けをしてくれるかもしれません。

投資すべき企業の選び方など、参考にしてみてはいかがですか。